大学受験 高知学芸進学アカデミーホームページへようこそ!

熱のこもった「生」の授業できみを合格に導きます。

構文&文法の基礎確立を通して、単なる暗記ではない、骨組みのしっかりした総合的な英語力を身につけます。

英語読解

この講座は、重要構文を理解し英文の内容を正確に把握して、設問に対して「なんとなくこれだろう」ではなく明確な根拠を持って答えることができるようになることを目標とします。センター試験や各大学の入試で出題された英文を中心に問題集をつかって学習していきます。

英語文法

文法力の充実は、正確でスピーディな読解力をつける基礎であるとともに、英作文の重要な基礎です。センター試験や私大入試の文法問題で着実に得点を積み重ねるために欠かすことができません。この講座では、過去のセンター試験を中心に問題集を使って学習していきます。

リスニング

ネイティブ・スピーカーによるリスニング対策の講座です。リスニングだけでなく、講師との英語でのやりとりを通して、英会話のスキルを上達させることも可能です。

添削指導

希望者を対象に、2次試験対策としての英作文の添削指導を行います。

さまざまなレベルの大学入試問題に対応できるよう、演習を中心に実戦力を高めます。

数学ⅠA、ⅡB、数学Ⅲ(理系)

発展、標準の2講座、数学ⅡBは発展、標準、基礎の3講座に分けて授業します。発展の講座は難関国立、医学部を目指す受験生対象で、精選した問題により、入試本番に直結した授業を展開します。標準の講座では基本公式等を確認しながら、国公立大2次・私立大の標準問題を中心に演習し、解説します。また、ⅠA、ⅡBの講座では、センター試験演習も適宜取り入れ、総合的な得点力アップを目指します。

数学ⅠA、数学ⅡB(文系)

基礎学力診断テストによって、センター+記述講座センターのみの講座の2つの講座に分けます。「センター+記述講座」は国公立、私立の難関大学を目指す受験生対象で、センター試験はもちろんのこと、標準以上の記述問題まで幅広く対応できる学力を身につけることを目指します。「センターのみの講座」は国公立大2次試験で数学が必要でない受験生、または、難関以外の私立大を志望する受験生対象、基本公式の確認から、センター試験レベルの問題を演習解説します。2講座ともに、12月、1月の冬期講座では、理系同様、センター試験対策として、実戦的なマーク方式の演習を集中的に実施、センター試験本番に備えます。

客観的に問題を解くためのノウハウを伝授。読解力と解答作成能力のパワーアップで、偏差値大幅アップを目指します。

現代文センター(文理共通)

センター試験対策として、客観式選択問題を1時限に1題ずつ解説していき、年間70題をこなします。毎時間解法のポイントを示し、文章読解上の注意点や解法の技術を教授し、読解力と解法技術とをともに向上させます。「本文の具体的なことばを根拠にして、論理的、客観的に解くこと」(解法の大原則)を徹底的に身につけさせます。

古典センター(文理共通)

〈古文〉
前期は文法、語法、語い等の知識の確認に重点を置き、後期は良問を精選して演習を重ね、長文化、難化するセンター試験に対応します。

〈漢文〉
ポイントを句形と構造に置き、解法と出題傾向の分析をしていきます。センター試験の漢文については、現代文や古文と比べると圧倒的に少ない単位数で、200点中50点という配点がされている学習効果の上がりやすい科目であるので、自信につながる学習法を提示していきます。

現代文記述

過去の入試問題を主に使用し、読解力の練磨に加えて解答を「作れる」力を養成していきます。

古文記述

記述問題に対応するために不可欠な知識の習得とその知識を使って点の取れる解答を作成する力を養っていきます。

現代文・古文演習(私立文系)

私立文系は、特に入試の配点の中で国語の占める割合が他の受験型よりも高いので、苦手の克服、あるいは実戦力のより一層の錬磨のために、最新の出題傾向を反映した問題を精選し、演習を行います。

小論文

前期に小論文のオリエンテーションを行い、概要を説明します。8月の夏期講座に小論文講座を設けます。後期から個別に添削指導を行い、AO入試・推薦入試にも適宜対応します。

科学を基本からしっかりおさえ、多くの演習を通じて高得点を目指します。

物理(理系)

入試問題を中心とした標準あるいはそれ以上のレベルの問題演習を通して多岐にわたる物理現象を総合的に理解させます。基礎から標準レベルを4時間、また、難関大・医学部対策を1時間設けています。

化学(理系)

受験化学完成のため過去数年間の入試問題を中心とした問題演習と独自の資料による徹底整理を行います。基礎から標準レベル、もしくは難関大・医学部対策を中心とした演習5時間で合格に必要な知識と技能を育てていきます。

生物(理系)

基本的事項の解説、系統的知識の理解と習得を基本とし、記述試験にまで対応できる実力養成を目標とします。基礎から標準レベルを4時間、また、難関大・医学部対策を1時間設けています。

化学基礎(文系)

重要な問題を解くために必要な知識や技能を整理・確認しながら多くの演習を行います。

生物基礎(文系)

多くの問題演習をする中で、基本的事項の解説、受験に必要な系統的知識の理解と習得をはかります。

理系:理系物理、理系化学、理系生物の中から1~2科目を選択してください。
ただし、理系物理と理系生物の組み合わせは選択できません。

暗記オンリーの君に意識革命!系統立てた効率的な学習方法により、君の学力を入試レベルまでアップさせます。

世界史

世界史の出題範囲は、近現代史が多くなっていますが、高校の授業では教科書を最後まで終了していない場合もあるので、4月から10月までは、先史から現代史までをしっかり復習します。
11月からセンター型の演習に入ります。

日本史

講義中心で授業を進めます。授業内容は、前期は原始から近世にかけて、後期は近現代を学習します。授業の習得度をチェックするために、小テストを適宜行います。後期の後半は実戦問題で仕上げていきます。また、論述対策を希望する者には、個別に問題を与え、添削指導を実施します。

地理

「地図と地形図」「自然地理」「人文地理」の全分野を系統的に順を追って授業を進めます。前半は基本的な学習事項の整理を中心とした授業を行い、後半は演習中心の授業を行うことにより実践に役立つよう、集中指導して実力の養成に努めます。更にセンター試験、国公立大2次試験、私大入試に対応したトレーニングを行うとともに、最新の入試傾向の研究を通して合格力アップを目指します。

政治・経済

政治分野と経済分野の連関を念頭におきつつ最初から総復習します。教材は、テキストのほか、最新の資料集を使用し、適宜、授業の中に時事問題を挿入します。

倫理

週2時間の中で、問題演習を加えながら最初から復習していきます。思想・哲学についての学習が主になりますが、現代社会のかかえる諸問題についても考えていきます。

現代社会

現在の社会が抱えるさまざまな問題、世の中の仕事のしくみや構図などを理解する機会に恵まれた科目です。それゆえ学習範囲も青年期・倫理・文化・国際関係・政治経済等と極めて幅広くなります。

pagetop
 
HOME   特徴   コース選択   教科   合格実績   入学案内   アクセスマップ
大学受験 高知学芸進学アカデミーホームページへようこそ!
〒780-8084 高知市槙山町 11-1
TEL (088) 840-3340 FAX (088) 840-3008
E-mail:academy1@mg.pikara.ne.jp
Copyright KOCHI GAKUGEI SHINGAKU ACADEMY All Rights Reserved